認定NPO法人の設立

NPО法人日本家庭教育再生機構は長年にわたって家庭教育の再生をはかり、一貫してメンタルケアと講演活動で人々の心を励まし元気付けて参りました。当法人の現在の「目標」は、客観的な基準に於いて高い公益性を持つ「認定NPO法人」に昇格することです。親と子どもを含む多くの人々の心の癒しと健康を育み、栄えある将来全般において力強く支援すべき大切さを、今まで以上に広く全国に発信できるからです。

忘れていませんか?子どもは皆で育てていたことを!

●世界に類を見ない少子高齢化によって若者3人で高齢者1人を支えていた「騎馬戦型」は、近い将来1対1の「肩車型」へと転換します。夫の給料が上がらない結果、共働きで勤めに出る夫婦が激増し、その傍らで託児所に預けられて遅くまで親の帰りを待つ児童が激増しています。親子関係は希薄になり、親子共々情緒不安定に陥って離婚、家庭内暴力、児童虐待、育児放棄などの件数も年々増加の一途を辿っています。彼らの心は確実に、「温かい応援」と「安らかな愛情」を求めて悲鳴を上げています。今、若い親子を真剣に支援すべき時が来ています!

高齢者はもちろんですが、子ども達だって皆で大事にするべきです!

●当法人は様々な機関においてバイオリンコンサートをプレゼントして、少しでも多くの人々の心が癒されるよう長年努力を積んで参りました。
しかし、いつもその活動のネックになるのが活動資金です。ゆとりある資金さえあれば、よりたくさんの子ども達や人々の心を癒し、いっぱいの笑顔をプレゼントできます。深刻な日本社会の問題を背負って立つ人々の不安な心を熱く励ますため、どうぞ貴方の温かいご寄附のご支援をお願い致します。

若い親子を熱く支援する時が来ています!

長年一貫して若い親や子ども達を励まし続けて来た当法人は、いよいよ「認定NPО法人」の設立を決意しました。この法人の資格を取得するためには、一般の方々からどれくらい支援されているかどうかが調査の対象となり、その「絶対値基準」として年3,000円以上の寄附者が平均年100人以上いる状態の継続的寄附が条件です。一人でも多くのカウントが国の所轄庁を動かす原動力となり「認定NPO法人」設立に向けての力強い一歩となります。より多くの人々の笑顔を育むため、当法人をどうぞ力強く応援して下さい。

 

当法人は長年にわたって家庭教育の再生をはかり、一貫してメンタルケアと講演活動で
人々の心を励まし元気付けて参りました。

《拝受した感謝状の一覧》

《著書》右をクリックして下さい。本は図書館で閲覧できます。
《新聞コラム》●中日新聞●毎日新聞●教育新聞など他多数連載

《テレビ出演》フジテレビ、日本テレビ、テレビ朝日3局の夕方のニュース番組で、教育担当のレギュラーを5年以上にわたって務める。
「朝まで生テレビ」は出演多数。他にも「笑っていいとも」「爆笑問題たいへんよくできました」など出演は15年以上に及んだ。

2012年からバイオリン演奏も加えて、若い親子を応援し続けています。

《大型商業施設》バイオリニスト4~5名

お買い物にいらっしゃった親子連れが、ステージに沢山集まります。子ども達はステージの真ん前に座ってバイオリン演奏を間近で観たり聴いたりできます。お遊戯や親子のバイオリン演奏体験も取り入れると、楽しそうに笑う我が子の写メを両親で嬉しそうに撮っていらっしゃいます。大型商業施設の力強いご支援のお陰で、たくさんの親子を励まし元気付けることができております。活動日記参照

  • 「私、この子がおなかの中にいる時から来ているんです。大きくなったら、この子とバイオリンを習うって決めました」
  • 「娘の弾く姿を観て、本当に可愛いなと思いました。親バカですかね」

《保育園・認定こども園・学童保育所》バイオリニスト3~4名

仕事で働くお母さんの帰りを待っている子ども達を訪問し、バイオリンコンサ―トで励まします。子ども達はみんな「すごい」「バイオリンだ」と目をキラキラさせて見つめます。最初の一曲はクラシック演奏ですが、どんな子どもも静かに聴いてくれます。その後は、よく知っている歌でお遊戯ができて嬉しそうです。アッという間に30分が経ち、「また来てね」の元気な声に見送られます。「お父さんやお母さんはお仕事で頑張っているから、お利口さんでいるんだよ」と言うと「はあい!」と元気な声が返ってきます。

  • 「お迎えに来たら、この子がバイオリンで遊んだって飛びついて来たんですよ。素敵なプレゼント、本当にありがとうございました!」
  • 「こんなところをお母さん達が観たら、きっと泣いちゃうくらい喜びますよ!」

《子育て支援事業》バイオリニスト3~4名

《子育て講演会》講師・教育評論家 長田百合子1名
国を挙げて「優しい子育て」を推進した結果、自分がされた子育てと違うことに気付いた若い親達が大きく迷い、揺れています。親から子へと代々語り継いできた子育て法を軽視したことで親子が共に極めてひ弱な子ども達が急増しています。子どもの問題は、年々深刻な社会問題として膨らみ続けています。いつの時代も「生きる力と知恵を我が子に教えることが大切」だと伝え、続々と増え続ける子ども問題に歯止めをかける必要があります。講義が終わった後でバイオリンコンサートを開催します。

  • 「ああ、私の子育てで正解だったんだと思えて心がス―ッと楽になりました。頑張ります!」
  • 「叱ると怒るなんて、やっぱり一緒ですよね(笑)アーッすっきりした。本当に来て良かったです」

《児童養護施設》バイオリニスト4~5名

虐待や子育て放棄など、訳あって両親と一緒に暮らせない子ども達の心の傷は計り知れません。顔に傷が残る子や、急に塞ぎ込む小学生。そんな子どもたちが、これから直面する数々のハードルを力強く乗り越え、自らの未来に遥かな夢と希望を抱いて素直に育ってくれること。そして、社会のお役に立てる大人になってくれることを切に願い、そのサポートの一助となるべくバイオリンコンサートを開催しています。
5本のバイオリンの音色を耳にし、自ら楽器を手にして体験演奏をすると、子ども達の顔が笑顔でいっぱいになります。演奏から数か月後に「すくすく宅配便」と称して、子ども達にささやかなプレゼントを贈り届けています。
保育園、認定こども園のコンサートも進んで行っています。

  • 「大人になったら、バイオリン弾く人になりたい。バイオリン、すごかったね」
  • 「おばさんに約束したから、ちゃんとここの人の言う事きく子になるよ」

バイオリンコンサートでいっぱいの笑顔を贈ることができるのに
いつもネックになるのは活動費の不足です。
貴方の温かいご寄附が、若い親や子ども達の確かな将来に役立ちます。

当法人は非営利団体として活動を行っているため、皆様の支えが必要不可欠です。
貴方からの温かく力強いご支援を心よりお待ちしております。

イオン様、アピタ様、平和堂様などの大型商業施設からは
すでに土日祝日毎に力強いご支援を頂き
バイオリンコンサートで沢山の若い親子の笑顔と元気づくりに取り組んでおります。

これだけではありません!

京都大学医学部附属病院・院内コンサート
200名近い患者さんが1時間ほどの演奏を楽しみました。

医師による紹介状が無ければ通えない大型総合病院のロビーには、重症の患者さんやその家族の方々が沢山いらっしゃいます。バイオリンコンサートを開催すると涙ぐむ方が思いのほか多く、中には肩を震わせて泣く青年の姿もあったりします。リクエストなどを頂き、少しでも心の癒しになれるよう努めています。京都大学医学部附属病院・名古屋大学医学部附属病院・トヨタ記念病院・豊橋市民病院・豊川市民病院・西尾市民病院・公立陶生病院、京都きづ川病院など、他多数の公立病院のロビーで定期的に演奏しており、小児病棟の慰問も進んで伺っております。

日本の伝統文化であり民族衣装でもある和服の着付けの仕方を、分かりやすく着やすい「極意」にして広く多くの女性にお伝えするため日々努力して参ります。
日本人が守り続けて来た品格ある「和」の心を私達は確かに受け継いで行かなくてはなりません。着物やゆかたを正しく着て、和服美人になりたい女性はたくさんいらっしゃいます。簡単で美しく着る「着物の極意」をさらに広げるため、大型商業施設においでになるお客さまに分かりやすく、丁寧にご指導していきたいと思っております。

《2017年・授業内容のご紹介》
1月 着物の知識   下着 補正の極意
2月 長襦袢の説明  一発で決める襦袢を着る極意
3月 着物の説明   着物の着付け 現役着付師の極意
4月 着物の着かた  あっという間に出来上がり!カンタン帯の結び方の極意
5月 帯について   沢山の帯を見ながらのお勉強 お太鼓結びの極意
6月 ゆかたについて ゆかたの着方とその極意
7月 ゆかたの着方とカワイイアレンジの極意 
8月 着崩れと収納について 着物を着てからも美しくできる極意
9月 着物と帯のコーディネート 帯揚げ・帯締めの極意
10月 行事が多い秋、冠婚葬祭にふさわしい着付の極意
11月 新年を意識して振袖、訪問着の着付けの極意
12月 振袖、訪問着の総集編 アレンジ帯締め・帯揚げの極意

2019年度 子育て支援事業決定のご報告

本年は下記のボランティア演奏事業を実施することを決定致しました。

●児童養護施設でのバイオリンコンサートを半年間で50施設で実施する。
 現在演奏中の大型商業施設のご支援に感謝し、愛知・三重・岐阜・滋賀・奈良・京都・大阪・静岡等での児童養護施設で子どもバイオリンコンサートを実施します。虐待や子育て放棄など、様々な理由によって両親と同居できない子ども達の心の傷は尋常ではありません。顔に虐待の跡が残っている女子。小5なのに指吸いが止まない女子。相手の優しい言葉にも、全て疑ってかかってくる男子。笑っていた途中から急変し、フードをかぶって塞ぎこんでしまう幼稚園児。演奏に伺ってこうした子ども達を見るたびに、何とかして良い思い出作りに尽力したいと切に思います。演奏し始めると子ども達は急に静かになり、会場はだんだん子どもらしい笑顔でいっぱいになって溢れます。一人ずつバイオリンを持たせて写真を撮り、思い出作りに寄与します。その数ヶ月後には「すくすく宅急便」と称して、子ども達一人ひとりにプレゼントを用意した。
●愛知県の総合病院でのロビーコンサートを、1年間で24回実施する。
 紹介状がないと通院できない総合病院の患者さんやご家族の心情は、私達健康な者からはとても図り知れません。沢山の患者さんやそのご家族が会場に溢れ、意外に多くの方が涙を流されるのが病院のロビーコンサートの特徴です。中には肩を震わせて泣く青年の姿もあって、定期的なロビーコンサートの必要性を強く感じています。お陰さまで医師や職員の方々からも、毎回とても歓迎を受けております。
●愛知県内の公共の子育て支援事業に1年間で24回実施する。
 母親と乳児が対象の「母と子のバイオリンコンサート」を実施します。楽しくお遊戯をしたりお歌を歌ったりして汗をかくような、親子で動きのあるコンサートになります。公募すれば即定員になってしまい、以後はお断りが続くといった人気のあるコンサートになっています。
以上の通り、ボランティア活動に力を入れて運営にあたる決意でおります。

「バイオリンコンサート」や「着物の極意」講座の開催は、人々の心を癒し笑顔でいっぱいにします!でも、いつもネックになるのは活動費の不足なのです。

貴方の温かく力強い支援をお待ちしています。尚、ご寄附によって、下記の事が実現できます。

3,000円のご寄附 認定NPО法人の「絶対値基準」として年3,000円以上の寄附者が年平均100人以上いる状態の継続的寄附が条件とされています。
住所とお名前明記で、その貴重なカウントのお一人になって頂けます。
6口18,000円のご寄附 大型総合病院や幼児病棟などのロビーコンサートが実施できます。
8口24,000円のご寄附 バイオリン5本を使った本格的なコンサートを、児童養護施設で実施できます。
10口30,000円以上のご寄附 児童養護施設でのコンサートを実施後、子ども達に役立つプレゼントを購入し「すくすく宅配便」として贈り届けることができます。

ゆうちょ銀行からのお振り込み

3,000円以上からのご寄附をお願いしております。
ゆうちょ銀行からのお振り込みを希望される方は、各郵便局にある振込取扱票をご使用下さい。 下記はその記入例です。

加入者名 特定非営利活動法人 日本家庭教育再生機構
口座記号番号 00870-8-217314

注)●定期的な活動報告や「定期ライブ」の開催案内ができますので、通信欄には携帯メールアドレスを正確にはっきりとご記入下さい。住所、お名前、電話番号、寄附金の金額もお忘れなくご記入下さい。切り取り線の右欄のご記入もお願い致します。

銀行からのお振り込み

1,000円からの毎月定額のご寄附を頂く場合は、下記の口座まで自動送金サービスのお手続きをお願いします。尚、認定NPО法人の「絶対値基準」として年3,000円以上の寄附者が年平均100人以上いる状態の継続的寄附が条件とされた上で、寄附者のお名前と住所も所轄庁に報告ことがすることも義務付けられております。誠にお手数ではございますが、お振込みや自動送金サービスのお手続き完了後には(ここをクリック)必要事項をご記入の上でメール送信して頂くか、FAXで(052-806-6204)までお送り下さいますようお願い申し上げます。

金融機関名と支店 三菱東京UFJ銀行・名古屋駅前支店
口座名義人 特定非営利活動法人日本家庭教育再生機構
店番と口座番号 店番(221) 普通6528502

ネックは活動資金の不足です
ご寄附を頂いた方には、下記の通りお約束致します。

  • ◆活動報告を、定期的に携帯にメール致します。
  • ◆活動のご報告などを年に一度郵送にてお送りします。

バイオリンコンサートで沢山の人々を幸せにできます。

貴方の温かく力強いご寄附をお待ちしています。

Q.税制の優遇はありますか?
A.はい、只今認定NPO法人の申請中です。当法人が認定NPО法人で認可されますと、皆様からのご寄附は税制優遇の対象になります。
《毎月3,000円(年間36,000円)をご寄附された場合》
所得税は(36,000円-2,000円)×40%=13,600円
住民税は(36,000円-2,000円)×10%=3,400円
13,600円と3,400円を合計した17,000円の税制控除が受けられます。
※税額控除を選択した場合は控除には限度額があり、実際の税額はケースによって異なります。ご本人の所得状況によっても税率が変わります。
Q.領収書はもらえますか?
A.はい、お申し込み頂いた方には発行致します。但し領収証の発行は年1回になり、前年度の1年間で確認できた寄附金の総金額の合計の記載になります。領収書の日付は、各決済代行会社から当法人に入金された 日付になりますので予めご了承下さい。